読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

life

とらわれずに暮らしていく

オイルが漏れるワケ

車検で預かった車はお約束のオイル漏れ

オイルが漏れ出すのは色んな原因があります

パッキンやオイルシールの劣化や構造的な問題

それはしょうがないことだし、部品を変えれば解決できるのですが

半分くらいは人為的な原因であることが多い

こうなってしまうと、止めることは出来なくなります

f:id:satoyamanoyume:20160514181523j:plain

シリンダーヘッドのオイルリターンの穴が分からなくなるほどスラッジ

f:id:satoyamanoyume:20160514181529j:plain

タペットカバーの裏側はスラッジの層ができています

スラッジは鍋やフライパンで言うところのコゲつきと同じようなもので

いったんコゲつきができてしまうと、熱が集中するためにコゲが大きくなってきます

そのコゲがオイルがオイルパンに還る穴をふさぎ

エンジンの内圧を逃がす穴を塞ぐと

逃げ場を失ったオイルや内圧はあらゆるところから吹き出てきます

こうなってしまうと、エンジンをオーバーホールするしかなくなってくる

20年落ちの軽トラのエンジンをOHするという人には出会ったことがないので

結局はスクラップということになってしまいます

 

この車はどうにかこうにか車検を通すところまでこぎつけましたが

オイル漏れを完全に止めることや、これから出てくるトラブルを避けることは

ムツカシイと思います

もっと大切に扱って、定期的にメンテナンスを受けていれば

確実に避けられたはずなのに

整備を生業にしていれば色んなお客さんがいます

全くメンテを受けない人もいるし、逆に気の毒に思うほど持ってくる人もいる

40年も50年も前の車をピカピカにして乗っている人もいれば

ちょっとした故障で手放す人もいます

買った車をどう扱おうがそれはその人の自由だし、とやかく言う立場にはありません

でもね、こんなふうに扱われた車を見るたび

チョット悲しくなるしかわいそうに思えてきます