読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

life

とらわれずに暮らしていく

良いあぶら

f:id:satoyamanoyume:20161228202012j:plain

近頃テレビでミランダカーがウーロン茶のCMをしている

ウーロン茶を飲むとハラが痛くなるので飲まないし

ウーロン茶を飲んで嫁さんがミランダカーになるわけじゃ無いからドーデモいい

ナイスバディにばかり目がいくけれど、内容的にはイイ事を言っている

「あぶら」は多すぎても少なすぎても良くないから

適量の「あぶら」を毎日摂る必要があるという事

世界的なミスコンのアドバイザーの本にも同じようなことが書いてあった

脂質は必須栄養素なので必ず摂取しなくちゃいけないものだけど

良質なものを適量に摂取する必要があって、何でもいいわけじゃないという話

 

この頃は「糖質制限」だの「脂質制限」だのという話をよく耳にする

でも食べ盛りの子供がいれば、おのずと油モンが多くなるし

実際に3食米の飯を食い、昼にはメンのおまけもつく

いわゆる成人病にならない食事とはかけ離れた食生活をしてるけど

この20年ほとんど体重は変わらないし、服のサイズは30年変わっていない

健康診断で引っかかることも無く、悪いのは腰だけ

内臓脂肪も体脂肪もほとんど変わらず、コレステロールも増えない

まぁそんなことを気にするヒマはないし、ケンコーオタクじゃないからどうでもいい

 

仕事上、多種多様なオイルを扱うことは多い

オイルに求められるのは潤滑性と清浄性

オイルを入れないでエンジンを回したり、ギアを回転させたりすると

5分もしないで金属は焼き付き動かなくなってしまう

清浄性だけを考えたら酸やアルカリの溶液の方がずっとヨゴレは落ちる

でも金属に対して攻撃性の強いものは使えない

これは手を洗うのにも共通している

グリスやスラッジで真っ黒になった手を洗う時、普通はアルカリ性の石鹸を使う

なかなか1回では落ちないので何度も洗ったり、お湯を使ったりしていると

手がボロボロになってひび割れてくる

これはエンジンなどをバラシて洗う時も同じ

アルカリ性の洗浄剤は鉄に対してはそれほどでもないけれど

アルミに使うにはかなり神経を使う

一番いい方法は、いいエンジンオイルを温めながら使う方法

これだと金属に対する攻撃性は無く、汚れも綺麗になる

ただ、ちょっと時間がかかるけど

 

エンジンと体は同じじゃないことは解ってる

でも、酸化したタールや焼き付いたスラッジを安全に落とすということは

体の中に残っている不要なあぶらを落とすという事と同じじゃないかとも思えてくる

ただ、油汚れはいい油でしか安全に落ちないということは事実でもある

 

ひまわりや菜種を作り出してからは、市販の食用油は使ったことは無い

食に拘らず、酒もたばこもやるけど

肝機能や腎機能は若い時と変わらないし、成人病の予備軍に入ったことも無い

これは嫁さんも82になったおふくろも同じ

もちろん多少のストレスと肉体労働も無関係ではないとは思うけど

自分で作った油を食べていることと関係してるのかもしれない

まぁ、これは多分に依怙贔屓な面もあるんだろうけど