読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

life

とらわれずに暮らしていく

子供たちの楽園を

先日の田植えに加勢に来てくれたお母さんと子供たち

稲が育たない水口の一角で朝から終わるまで泥遊びをしていた

日本には故郷の大地を歩けなくなった人がたくさんいる

季節のうつろいや、日常の些細なことさえ奪われた人たちがいる

あの日までごく当たり前だったこんな光景を、二度と取り戻せない人たちがいる

f:id:satoyamanoyume:20160621123104j:plain

フクシマの子供たちにメイッパイ外で遊んでほしい

泥にまみれ、川に飛び込んで、カブトムシを捕って・・・・・

 

震災の年、どうにかしてヒマワリ畑に子供たちを呼べないか

色んな人に相談し、行政にも掛け合った

自分の子供たちと同じように、自然の中で思い切り遊ばせたい

せめて夏休みの間だけだとしても

 

残念なことに、私にはカネがない

行政機関との繋がりも、人づてのコネも持っていない

田舎もんのアブラムシの心配することじゃないのかもしれない

でも、有名大学の卒業証書を付けて、さんざん金バッチを持ってる人が沢山いるのに

何も実現していないし、具体的な話はちっとも聞かない

子供たちの未来を語るのはいい、政治を批判し、生き方を提唱するのもいい

でも、今本当にすることがあるんじゃないかと思う

 

人は忘れていく

苦しみも悲しみも、時間が経てば記憶のかなたになっていく

しかし、フクシマは今も続いている

これから何十年も、ひょっとしたら永遠に続いていくかもしれない

わたしは、原子力のことなど全然わからない

政治家のや企業の思惑なんてどうでもいい

どうにかする方法をもう一度考えて、もう一度チャレンジしよう

三人の女の子たちの笑顔は最高に輝いている

この笑顔をフクシマの子にも