読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

life

とらわれずに暮らしていく

次男と

思うこと

長男と畑の計画を話していると、モジモジしながら次男が何か聞きたそうな顔をしてる

今日は中学校はカレンダーの通り学校だけど

小学校は授業参観の代休で休みなんだと言う

「なんか種まきがしたいのか?」と聞くと「うん」と言う

「昼からならどうにかなるから、宿題を終わらせて蒔く種を選んどけよ」

「わかった」

選んだ種は、トウモロコシと枝豆とスナップエンドウ

準備が終わった畑で初めて1対1で作業をした

 

次男と二人きりで長い時間話したりしたことは無かった

兄弟が3人もいればそれぞれ個別にどうこうすることはムツカシイ

朝飯食って仕事に出て、晩飯喰って風呂に入ってビールが飲めるのは11時過ぎ

盆も正月もなく働いていれば、サシで話す時間を作るのは困難になってくる

忙しかろうが、暇が無かろうが、こちらには関係なく子供は成長していく

何に興味があって、どんな夢を描いて、今何をやりたいのか

サシでゆっくり話さなければ解らないことがたくさんある

そういう時間は、カネや仕事にはかえられない、

一生のうちに二度とない貴重な時間なのかもしれない

 

取り忘れて大きくなったゴボウを掘りたいというので

スコと鍬を渡して「自分で掘れ」と掘らせてみた

悪戦苦闘の末「おとーさん、掘れたよー」という顔は嬉しそうだ

泥まみれになり、暑さ寒さを体で感じて、種をまき、収穫する

それが全て上手くいくとは限らない

失敗と成功を次の糧にして、また挑戦していく

何になるにしても、何をやるにしても、それは変わらない

上っ面だけなぞっても、何も解らないし何も手にできないことを

学んでくれればそれで十分だと思う