読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

life

とらわれずに暮らしていく

娘へのラブレター

思うこと

バラバラにしてサビを落とし、色を塗り替え新しい部品を組んで

自転車の再生が終わりました

f:id:satoyamanoyume:20151207120337j:plain

サビくれてボロボロだった面影はなく

いい感じに仕上がって、試運転でもオカシイとこは出ませんでした

 

仕事の合間や、夜に作業をしながら色んなことを考えました

誕生日に自転車を買ってやることは容易いことですし

それくらいのお金に不自由している訳じゃありません

事実、新車を買ってやった方が子供も喜ぶかもしれないし

手間や部品代に比べればはるかに安くカンタンです

 

でも、自転車をバラし、色を選び、塗装をし、組立て、磨いてという作業の中で

どう思いながら作業をしてたかというと

「こういう色だったら喜ぶかな」とか「キレイに塗らなきゃ」とか

汚れやサビを磨く時も、部品を組み上げ調整するときも

「こうやった方が喜ぶかな」とか「ここをチャンとしないと危ない」とか

娘の顔を思い浮かべながら作業をしていました

 

ついこの間生まれたと思っていた娘が、もう26インチの自転車に乗る

親として子供と関われる時間というのは、ほんのわずかな時間だと思います

そのなかで、「買ってきたよ」「ありがとう」だけじゃ

なんか、もったいないような気がします

娘はどう思っているかわからないけど

どう思うかな?喜んでくれるかな?

ラブレターを書くような気持ちで

過せる時間があるということは幸せなことです

この気持ちはやっぱりお金では買えないな