読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

life

とらわれずに暮らしていく

ケガ その2

思うこと

土曜日のケガの後の手術から2日目

幸いなことに熱も出ず、腫れも無い。

先生にキズを見てもらうと初期の感染症の心配は無く、壊死も見られないとのこと

とりあえず最初のハードルは超えたみたい

稲刈りの後始末も無事に終わって、乾燥を頼んでいた人にも迷惑をかけずに済んだ

残っていた仕事を片付けて、納車も終わった

 

自由に生きていくということは自分の代わりはいないということ

責任を果たさない自由はありえないし、どういう状態であろうと責任は果たさなければならない。

自分がどういう状態でも、キズが痛くても、不安と恐怖に苛まれても、自分のケツは自分で拭かなくてはならないし、家族を不安にしてはならない

 

時間や約束に自分の都合は関係ないし、言い訳は通用しない

責任を果たす、約束を守るのは当たり前のこと

それができなければ、社会は信用してくれないし、生きていくことはできない

 

キズは痛い 不安も恐怖もある

でも、仕事をしなくては生きてはいけない

ケガをしたのは家族のせいでも、お客さんのせいでもなく、自分のせい

一切の言い訳は通用しない

そういう世界で生きていく覚悟はできている

辛いけどしょうがない